FAQオートホーム例外

自動ホーム例外:
1.オートホーム、自動レベリング、X軸モータージッター。
2.自動ホーミングと自動レベリング。ツールヘッドは常にxモーターに当たり、「クリッククリック」音が鳴り、リミットスイッチライトは点灯しません。
3.自動ホームし、自動的に調整します。ツールヘッドは常にxモーターに当たり、「カチッ」という音が鳴り、リミットスイッチライトが点灯します。
4.自動ホームし、自動的に調整します。ツールヘッドは常にランプボードに当たります。
5.自動ホーム、自動レベリング、ツールヘッドが印刷プラットフォームにぶつかっています。
6.オートホームおよび自動レベリングでは、ディスプレイ画面に「プローブリセットエラー」というエラーが表示され、x軸が下がり、ノズルが軟磁性プレートを押して、軟磁性プレートに損傷を与えます。
7.軟口蓋は、ゼロに達すると磁気針によって損傷します。
8.ゼロに戻り、自動レベリング、ツールヘッドセンサーブロックがランプボードに当たることはありません。
9.ゼロに戻り、自動的に調整します。Y軸は常にyモーターに影響を与え、「クリッククリック」音を鳴らします。
10.ゼロに戻り、自動的に調整します。x軸、Y軸、z軸の1つの軸は移動しません。
11.ゼロに戻り、自動レベリングを行い、マシンを再起動します。

「TOYDIY4in13DプリンターのツールヘッドのX軸がオートホームでゼロに戻ると、ツールヘッドセンサーブロックを排出す​​ると同時にx軸リミットセンサーをトリガーするために、x軸モーターを衝突させる必要があります。
したがって、ツールヘッドを交換または調整すると、x軸リミットセンサーをトリガーしたり、ツールヘッドセンサーブロックを持ち上げたりすることができません。
この問題の具体的な理由は、ツールヘッドがx軸モーターに当たった後、ツールヘッドが停止せず、x軸を右に押し続けることです。もう1つの問題は、ツールヘッドが右側のオートホームに戻ると、移動が停止したが、ツールヘッドセンサーの圧力ブロックがまだ跳ね返っていないことです。また、画面インターフェースを再起動することが可能です。
この場合、次の方法で解決できます。
1.センサーは光に敏感なので、機械の周囲に強い直射日光が当たらないようにしてください。
2. Xリミットセンサーの位置を調整します。ビデオリンクを参照して、1:16分から視聴してください。
3.アクセサリボックスには、交換可能なスペアセンサーがあります。
4.上記の3つの方法が受け入れられない場合は、サポートにお問い合わせください。」